2012年10月03日

タンクのサビとり&コーティング。

旧車を再生する時は、必ず避けて通れない道。タンクの錆取り&コーティングです。

IMG_3142.JPG
このKHのタンクと
IMG_3185.JPG
このVTのタンクを同時にやっていきます。


まず。洗浄。マジックリンあたりで脱脂、粗いゴミとり。
そして錆取り剤を入れて一昼夜・・・・(錆の程度によってつけ置き時間は調整しまっす)
IMG_3216.JPG
なんかういてきた。

KHのタンクの方は、前回(何年前だろう?)コーティング一度したようで・・・ただその時におそらく錆の上からコーティングしたようで剥がれてきてました。
なので、実は洗浄→錆取り剤は3回ほど繰り返しました。

錆取り剤を抜いたら、また洗剤で洗浄(リンス効果のために洗剤を必ず使います)
IMG_3218.JPG
KHタンク 錆落ちました。

IMG_3220.JPG
VTのタンク、錆びていた部分も銀色に戻っています。

そして、2液のコーティング剤をタンクの中に入れて、ぐるんぐるん回して
80度で20分の焼き付けなので、釜に入れます。

IMG_3232.JPG
コーティング完了ーッ。


タンクの中ばっか見てた日だったなぁー

VTの方は、キャブO/Hキットも来たので、キャブ組んで、エアクリーナーエレメント洗浄して、タンクつけて、プラグ、オイル交換してっ
IMG_3233.JPG
修理、終わりました。

posted by チンペイ at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(未分類)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58704114

この記事へのトラックバック